オーダー家具の作り方 ~ 3人掛けソファー ~

| コメント(0) | トラックバック(0)

皆さん今晩は。 久々の更新です。

気がつけば、もう冬に突入ですね。   寒さにはめっぽう弱い私です。。

 

6年前、ダイニングテーブルをご注文頂いたお客様より、

3人掛けソファーのオーダーがあり制作しましたので、こちらのブログで紹介したいと思います。

 

RIMG1253.JPG

 

1回目の打ち合わせです。

デザイン、サイズ、使用樹種などをお聞きします。 

過去の施工事例、インテリア書籍などを見て、会話を楽しみながらの打ち合わせです。

ラフスケッチを描き、おおよそのデザインを確認します。

 

RIMG1251.JPG

 

2回目の打ち合わせです。

お聞きした内容を基に、1/10 での図面を作成し、制作前の最終確認です。

座の奥行、背の高さ、使用樹種などが変更になりました。

お客様とお話ししていくうちに、ライフスタイルや好みが分かって来るような気がします。

そして僕なりの解釈、アレンジを加え最終決定します。

 

RIMG1250.JPG

 

ソファーなど、椅子モノの場合には、制作用の図面を原寸大で描きます。

構造のラインなどを全て描き込み、制作の上での基準となり重要な工程です。

 

RIMG1260.JPG

 

こちらは、肘の部分をRに削り出しているところです。

今回の使用樹種は、ナラ材です。 堅く、粘りがあり、椅子モノには最適な樹種です。

 

RIMG1266.JPG

 

 

RIMG1269.JPG

 

肘は、両サイドの脚の上に、こんな感じに 二枚ホゾと言われる構造で接合されます。

今回のソファーは、肘が強度的にとても重要となるポイントなので、強靭に固定します。

 

RIMG1273.JPG

 

背になる部分は格子状になります。

既製品にありがちな安易なダボ接合は行わず、組んでしまえば見えなくなる部分もホゾ接合とします。

末永く使用する為には、とても重要な部分です。

 

RIMG1278.JPG

 

 

RIMG1294.JPG

 

木地が完成しました。

お部屋の雰囲気から、テーマは 「和」 です。

肘のRは刀、脚は刀の鞘、背の格子は水屋箪笥の戸をイメージしています。

 

RIMG1322.JPG

 

出来上がった木地を塗装します。

お客様のご希望の紫色の布地が映える様に、木目が透ける位の黒焦げ茶で塗装しました。

 

RIMG1326.JPG

 

ナラ材はこの様な 虎斑杢 (とらふもく)  と言われる模様が表れるのが特徴です。

均質な綺麗な材を好む日本人は、この虎斑を嫌う傾向がありますが、

ヨーロッパのアンティーク家具などは、これを大胆に取り入れ、見る角度りより

キラキラと輝き、とても深い表情を見せてくれます。

お客様と話しながら、一番目立つ肘に入れてみました。

 

RIMG1390.JPG

いきなり完成してますが (笑)

椅子張り専門の職人さんに、紫色の布地を張ってもらい完成です。

 

RIMG1389.JPG

 

自分なりに納得した作品ですが、

嫁入りするまで、いつもながらドキドキです。

 

RIMG1433.JPG

 

そして、納品です。

お部屋に上手く溶け込む事が出来、お客様に大変喜んで頂く事が出来ました。

 

RIMG1420.JPG

 

椅子張り職人さんの心意気で、同色クッションはいつものサービスです♫

 

RIMG1434.JPG

 

6年前に作ったダイニングテーブルと共に、

このソファーも、家族と共に歴史を重ねていくことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://factory-den.com/mt/mt-tb.cgi/32

コメントする