オーダー家具のブログ記事

昨日、静岡は久しぶりの大雨。

「まいったなぁ~」 っと思いつつTVをつけると、

首都圏では、何年ぶりかの大雪みたいで。。

当工房の地域は温暖で全く雪が降らないので、雪景色に憧れるのですが、、

恵まれた環境で仕事が出来ることに感謝しつつ。

 

昨年末、オーダーの飾棚 を納品してきましたので、こちらのブログでご紹介したいと思います。

 

RIMG1547.JPG

 

ご連絡を受け、お客様のご自宅にお伺いして打ち合わせ。

一冊の古いパンフレットを見せて頂きました。  「こんな感じの飾棚が欲しい。」

30年以上も昔の痛んだパンフレット。 「当時、欲しくても手が届かなかったんです。」

永年の想いを叶えたい。 そして、当工房に依頼して頂ける事にとても嬉しくなりました。

 

パッと見は、伝統的な飾棚に見えますが、所々にモダンな加飾が施されています。

お客様は、 「ここがポイントなんだよね。」 

 

RIMG1304.JPG

 

構想を練ります。

パンフレットは、静岡の某有名楽器メーカーのものでした。

今現在は、海外産の安価な家具が大量に出回り、苦しい状況を強いられていますが、

静岡県は、かつて高度経済成長時代、婚礼家具、ドレッサー、仏壇などの有数な産地で、

今現在も、家具製造業が盛んな地域です。

特徴としては、家具製作にあたり、分業体制 をとっていることです。

一ヶ所の工房で完結させない。 材木、製材、突き板、木地屋、塗師屋、金物屋、、、

昔からの様々な業種、職人がいます。

 

今回は、このパンフレットの時代背景を含め、製法から考えてみました。

様々な業種、職人達による分業。  「僕は木地屋。」  

かつてこの飾棚も、その様に作られたのだろうと。 

 

RIMG1410.JPG

 

RIMG1514.JPG

 

表面材は、お客様との打ち合わせによりナラ材にて製作することになりました。

 

RIMG1509.JPG

 

見えなくなってしまう部分の構造部も、昔ながらの工法で製作します。

 

P1160018.JPG

 

いきなりの完成写真ですが、、

塗装は、拭き漆調のウレタン塗装仕上げです。

永年、仏壇を塗装してきた塗師屋さんにお願いしました。

ウレタン塗装と言えど、今回の制作意図を説明したら、完璧に再現してくれました。

永年の技が光ります。

 

RIMG1560.JPG

 

そして納品です。

 

RIMG1595.JPG

 

 

RIMG1579.JPG

 

 

RIMG1607.JPG

 

代々伝わる、農家のお宅に嫁入りしました。

 

RIMG1608.JPG

 

「ありがとう。」  この言葉が、ホッとして そして嬉しくなります。

自身の再確認。 とても勉強になった作品です。

 

ありがとうございました! 

皆さん今晩は。 久々の更新です。

気がつけば、もう冬に突入ですね。   寒さにはめっぽう弱い私です。。

 

6年前、ダイニングテーブルをご注文頂いたお客様より、

3人掛けソファーのオーダーがあり制作しましたので、こちらのブログで紹介したいと思います。

 

RIMG1253.JPG

 

1回目の打ち合わせです。

デザイン、サイズ、使用樹種などをお聞きします。 

過去の施工事例、インテリア書籍などを見て、会話を楽しみながらの打ち合わせです。

ラフスケッチを描き、おおよそのデザインを確認します。

 

RIMG1251.JPG

 

2回目の打ち合わせです。

お聞きした内容を基に、1/10 での図面を作成し、制作前の最終確認です。

座の奥行、背の高さ、使用樹種などが変更になりました。

お客様とお話ししていくうちに、ライフスタイルや好みが分かって来るような気がします。

そして僕なりの解釈、アレンジを加え最終決定します。

 

RIMG1250.JPG

 

ソファーなど、椅子モノの場合には、制作用の図面を原寸大で描きます。

構造のラインなどを全て描き込み、制作の上での基準となり重要な工程です。

 

RIMG1260.JPG

 

こちらは、肘の部分をRに削り出しているところです。

今回の使用樹種は、ナラ材です。 堅く、粘りがあり、椅子モノには最適な樹種です。

 

RIMG1266.JPG

 

 

RIMG1269.JPG

 

肘は、両サイドの脚の上に、こんな感じに 二枚ホゾと言われる構造で接合されます。

今回のソファーは、肘が強度的にとても重要となるポイントなので、強靭に固定します。

 

RIMG1273.JPG

 

背になる部分は格子状になります。

既製品にありがちな安易なダボ接合は行わず、組んでしまえば見えなくなる部分もホゾ接合とします。

末永く使用する為には、とても重要な部分です。

 

RIMG1278.JPG

 

 

RIMG1294.JPG

 

木地が完成しました。

お部屋の雰囲気から、テーマは 「和」 です。

肘のRは刀、脚は刀の鞘、背の格子は水屋箪笥の戸をイメージしています。

 

RIMG1322.JPG

 

出来上がった木地を塗装します。

お客様のご希望の紫色の布地が映える様に、木目が透ける位の黒焦げ茶で塗装しました。

 

RIMG1326.JPG

 

ナラ材はこの様な 虎斑杢 (とらふもく)  と言われる模様が表れるのが特徴です。

均質な綺麗な材を好む日本人は、この虎斑を嫌う傾向がありますが、

ヨーロッパのアンティーク家具などは、これを大胆に取り入れ、見る角度りより

キラキラと輝き、とても深い表情を見せてくれます。

お客様と話しながら、一番目立つ肘に入れてみました。

 

RIMG1390.JPG

いきなり完成してますが (笑)

椅子張り専門の職人さんに、紫色の布地を張ってもらい完成です。

 

RIMG1389.JPG

 

自分なりに納得した作品ですが、

嫁入りするまで、いつもながらドキドキです。

 

RIMG1433.JPG

 

そして、納品です。

お部屋に上手く溶け込む事が出来、お客様に大変喜んで頂く事が出来ました。

 

RIMG1420.JPG

 

椅子張り職人さんの心意気で、同色クッションはいつものサービスです♫

 

RIMG1434.JPG

 

6年前に作ったダイニングテーブルと共に、

このソファーも、家族と共に歴史を重ねていくことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GWですね。 いかがお過ごしでしょうか?

当工房は暦通りに、今日明日は通常営業です。

 

オーダー家具の作り方 アメリカンチェリーTVボード

先のブログからの続きを紹介したいと思います。

 

DSC01257.JPG

木地が完成したので塗装に入ります。

 

RIMG0728.JPG

今回はウレタン塗装仕上げなので、外注の塗装屋さんにお願いします。

実際に塗装へ入る前に、塗装屋さんに今回使用した材の端材を渡し

何パターンかの色サンプルを製作してもらいます。

天板は無垢材、他は突板なので、単なるクリアー仕上げですと経年変化で色の誤差を生じてしまうので

使い込んだ風合いなる様にトップコートで若干着色します。

「70」 「100」 とあるのは、70%艶消し、100%艶消しを表します。

通常のウレタン仕上げは70%艶消し。よく見かけるツヤツヤした感じですね。

今回は、オイル仕上げの様なナチュラルな感じに仕上げたかったので、

100%艶消しを選択しました。

 

RIMG0764.JPG

塗装が上がりました。

アメリカンチェリーは、この様に 「入り皮」 と言って、黒い部分が入るのが特徴です。

材の欠点として避けるのが通例なのですが、あえて入れる事により変化を持たせます。

 

RIMG0751.JPG

欧米やヨーロッパの家具には、この辺を気にしない作品が多く、とても魅力的に映ります。

僕は最近、モダンなイメージの家具を製作する時には、この手法をよく取り入れます。

 

RIMG0742.JPG

木目は横目で引ちがい戸です。

 

RIMG0746.JPG

お客様のアイデアで、内部には引出が入ります。

引出の摘みは旦那様のこだわりで、この様なシャープなモノをとり付けました。

しかし。。。

 

DSC01287.JPG

既製品では探してもご要望に応えられるモノが見つかりません。。

「ないモノは作る。」  アルミアングル材に木材を仕込みます。

 

DSC01290.JPG

下部に手掛けを加工して、アルミ塗装を施し一丁上がり (笑)

お客様が楽しみに待っているオーダー家具。 がっかりさせたくありません。

 

RIMG0738.JPG

同時進行で、旦那様の趣味である熱帯魚の水槽台も製作しました。

推定重量 300キロ超! これに耐える構造にします。

 

RIMG0737.JPG

扉の手掛け部分は、黒いラインが入る様に。

構造的に見た目が重くなりがちなので、天板が浮遊している様に軽快感を演出します。

 

RIMG0766.JPG

そして納品。

お部屋に上手く溶け込む事が出来ましたね。

 

RIMG0771.JPG

引き戸を半分開いた状態も素敵。

 

RIMG0773.JPG

水槽台の設置場所は、玄関の壁の裏側。

小窓が付いてて。  なるほどね!  

 

お客様に大変喜んで頂く事が出来ました。 とても嬉しくなります。

 

オーダー家具の製作。  「DEN」 はトコトン付き合います。

わがまま言っちゃって下さいね。 (笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすっかり春。

ぽかぽか陽気でとても過ごしやすい季節になりましたね。

お昼過ぎにはとても眠くなりますが。。。(笑)

 

ホームページを開設してから、メールでのオーダー家具のお問い合わせが増えてきました。

まだまだ一般的ではないオーダー家具。

こちらのブログで、完成までの流れを紹介したいと思います。

 

先月、ホームページをご覧になった新築のお客様から、TVボードのご注文を頂きました。

ご来店時、寸法と、スケッチを持ってきてくれました。

過去の施工事例やインテリア雑誌などを見ながら打ち合わせをし、

お客様のご要望、好み(樹種、イメージ)などをお聞きします。

 

DSC01250.JPG

 

打ち合わせを基に、1/10 サイズで製図を行い

後日、出来上がった図面を基に再打ち合わせを行い、細部を煮詰めていきます。

木目模様、足の形状、引出、仕上げ塗装 ・・・・

お客様とお話ししていくうちに、ライフスタイルや好みが分かって来るような気がします。

そして僕なりの解釈、アレンジを加え最終決定します。

打ち合わせをする僕本人が作り手なのでそのまま反映されます。  ここ重要 (笑)

 

DSC01248.JPG

そして製作に入ります。

 

DSC01252.JPG

 

天板は、お客様のご要望でアメリカンチェリーの無垢材にて製作して重厚感を演出します。

 

DSC01255.JPG

黒基調のスタイリッシュなお住まいにイメージが合うように、本体、扉の木目は真っ直ぐな柾目、

内部はマットブラックとしました。

 

DSC01256.JPG

旦那様こだわりの 四方転びの脚 いい感じです。

 

今回はここまで。   完成までおたのしみに。