その他のブログ記事

新年あけましておめでとうございます。

昨年10周年を迎え、新たなスタートラインの年となります。

RIMG3692.JPG

 

・オーダー家具、家具再生の  木工の「傳」

・身の回りの素材、異素材融合の  FACTORY DEN

・木工屋による自動車工房  デン・モータース

 

今後の木工の「傳」にご期待ください。

また、変わらぬご愛顧を賜りますよう、本年も宜しくお願い申し上げます。

木工の「傳」 本日11月1日で10周年を迎えました。

 

P1150417.JPG

 

 

一つの節目となるこの日を迎える事が出来ますのも、皆様のお力添えのお陰と感謝しております。

 

 

10年前の今日、前職の事業縮小による失業からの、家族を抱え右も左も分からずの不安な船出でしたが、「自分の工房を立ち上げる」とドキドキして眠れなかったのがつい最近のようです。

 

 

開業してから、多くのお客様、事業所様に巡り合うことができました。

そして何よりも、沢山の仲間が出来ました。

 

 

がむしゃらにあっと言う間でしたが、また新たな目標も出来ました。

節目を迎え、新たなスタートラインにつきます。

 

 

 

今後の木工の「傳」にご期待ください。

また、皆様には変わらぬご愛顧を賜りますよう、何とぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

そして、心配、迷惑かけっぱなしだった家族に。

 

ありがとう。

 

 

木工の「傳」 神野 克昭

新年あけましておめでとうございます。

 

P1160026.JPG

 

朝の寒さに、なまった身体が引き締まる思いです。

 

P1150418.JPG

 

今年も、やってみたい事が沢山ありますね。

 

そして、30代最後の歳。 

 

本年も、「傳」を よろしくお願いお願いします!

 

 

 

雨の天気が続きますね。

今までの乾燥した空気から一気に湿度が上がり、事務所の無垢天板のテーブルが

パキッ!パキッ!と音を立てています。

 

先日の、海外家具視察調査の旅 続編その③です。

2日間のパリ滞在を終え、早朝 特急ユーロスターで 陸路国境を越えイギリスに向かいました。

 

RIMG0585.JPG

 

RIMG0588.JPG

 

車窓からの景色は、緑が広がり牛や羊などが草を食んでいる、のどかな景色が続きます。

 

IMG_0642.JPG

 

ドーバー海峡を、海底トンネルで越えロンドンに到着しました。

今年は、ロンドンオリンピックでしたね。

 

IMG_0646.JPG

 

そして、道に迷いながら、なんとか ビクトリアアルバート美術館に着きました。

 

RIMG0612.JPG

古代から現代に至る、国籍、ジャンルを問わず様々なモノが展示してあります。

 

RIMG0614.JPG

しかし、連日の強行軍。疲れが出てきたのか、  少し体調がすぐれません。

しばらく館内を廻っているうちに、目が回ってきました。。。

 

RIMG0601.JPG

外に出て、休むことにしました。

 

RIMG0607.JPG

街ゆく車たちを  ボ~っと 見てるだけでも楽しいですね。

 

RIMG0597.JPG

ロンドンバス。

 

RIMG0598.JPG

ロンドンタクシー。  クルマばかり写真撮っていました (笑)

 

RIMG0611.JPG

お腹が空いてきたので、少し散策してみます。

 

近くの大学で一人ランチ。  気分は留学生 (笑)

けど、話しかけられても 解りませ~ん。 (笑)

 

右も左も分からない土地にいると、子供の頃の気持ちに戻れますね。

冒険心が出てきます。こんな気分、久しぶりだな。

IMG_0754.JPG

時間はあっという間。 夕方、帰国のため 電車で ヒースロー空港に向かいました。

 

RIMG0584.JPG

これで、6日間の 海外家具視察調査の旅は終了です。

現地に赴き現物を見る。 

家具製作を生業とする者にとって、これはとても意味深い事でありました。

珍道中 (笑) でしたが、 とても楽しい旅でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、今までの乾燥した大寒波からうって変って、生暖かい気温で大嵐。。

今朝工房に行ったら、大量の雨が吹き込み、大切な機械に錆が浮いていました。。。(涙)

みなさんは大丈夫でしたか?

 

先日の、海外家具視察調査の旅 続編です。

2日間のケルン国際家具見本市の視察を終え、夜に特急タリスでパリに向かいました。

 

RIMG0372.JPG

途中、短い区間でしたが、ベルギーの国境を越えました。国境を越える際、一旦停車し電源が落とされ停電になりビックリしました。そしてどうやら乗務員の入れ替えを行ったようです。

 

RIMG0381.JPG

終着駅のパリに到着。先頭車両をパチリ。乗り物好きの僕にはたまらないひと時です (笑)

雨の降る中、タクシーで移動、小さなホテルにチェックインしました。

 

RIMG0391.JPG

チェックインの時は夜で暗く気が付きませんでしたが、想像していた 「華の都パリ」 とはほど遠い

、辺り一面ゴミだらけ、車はどれもボコボコ。。。 とても危険な香りです。。。

 

RIMG0385.JPG

地下鉄で、ルーブル美術館に向かいます。 嫌な予感がしたんですよ。

切符を買おうと財布を出したら、案の定チンピラに囲まれました。。

日本語で応えながらその場をなんとか逃げ去り、一区間歩きました。 怖かった。。。

 

RIMG0399.JPG

地下鉄を降り、地上に上がるとそこはコンコルド広場です。

 

RIMG0400.JPG

テレビや本でしか見たことのない世界が目の前に広がります。

 

RIMG0442.JPG

ルーブル美術館と言えば、ミロのビーナス、モナリザなんでしょうけど(もちろん見ましたよ(笑))

一番の目的は、家具と言われるもののルーツ。大量に収蔵してある、エジプト・ルイ大朝の現物をこの目で見ることにありました。 また、ルーブルは全て写真撮影がOKなんですね。

 

RIMG0488.JPG

僕も、 「アンティーク調」 などと言って椅子やテーブルを作ったりするのですが、そんな事を言ってしまう自分が恥ずかしくなってきます。 そして、現物が目の前にあります。。。

 

RIMG0504.JPG

王朝時代に想いをはせると、そのモノの重み、不思議なオーラがあります。

「お前は!」 遠くで言われている様で、複雑な気分になったりしました。

 

RIMG0547.JPG

ルーブルから歩いて数分の所に オルセー美術館 があります。

こちらにも立ち寄り、ここはアールヌーボーインテリア家具が沢山収蔵されており、

近代インテリアのルーツとなる作品を目の当たりにしました。

ここは写真撮影が厳重にNGで、建物周辺もテロ対策なのか、機関銃を持った兵士が監視しており

画像は有りません。。。

 

珍道中(笑)は続きますが、楽しい旅でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近、更に寒さが増しましたね。

 

19日~24日 静岡椅子研究会の海外視察調査の旅に行って来ました。

この時期に、6日間も休業する事に大変悩みましたが、

家具製作を生業とする者にとって、本場の空気を肌で感じ、本物を見る事はとても意味深い事であると思いました。

RIMG0067.JPG

19日早朝出発し、集合場所の成田空港に向かいました。

ジャンボに乗るのは10年以上ぶり。いやがうえにも気持ちか昂ぶります(笑)

 

RIMG0074.JPG

日本列島を北上してUターンするようにドイツへ向かいます。

途中、眼下に広大なロシアの森が広がります。

普段から使い慣れた 「ナラ」 「タモ」材のほとんどはここからやってきます。しかし、違法伐採がいまだに行われており、それら材が多く混じっている現実を思うと複雑な気分になりました。

 

RIMG0077.JPG

12時間の長旅、フランクフルトに到着。ご年配のベンツが出迎えてくれました。

 

RIMG0094.JPG

空港から、新幹線ICEで目的地ケルンに向かいます。

 

RIMG0163.JPG

 

RIMG0097.JPG

翌朝、電車で見本市会場に向かいました。

この入場チケットを持っていれば、期間中市内の電車が乗り放題になります。

ただ、間違って1等客車に乗ってしまい、高額な料金を請求された人もいましたね (笑)

 

RIMG0106.JPG

 

RIMG0110.JPG

ついに来たぞ!!

 

RIMG0330.JPG

想像を上回る面積で、1ブース見るだけでヘトヘトになります。それが何ブースもある。。。

展示会で足にマメが出来たのは初めてです。

 

RIMG0119.JPG

基本場内は写真撮影はNGなのですが、とてもフレンドリーで沢山撮影させてもらいました。

ドイツ語なんてさっぱり???なのですが、単語や身振り手振りで丁寧に説明してくれる方が多く、

ここが日本人と違うところだな~。すごく感じました。

 

RIMG0209.JPG

外に出ると、もう辺りはすっかり真っ暗になっていました。

駅前のケルン大聖堂が不気味にそびえ立ちます。そのスケールに圧倒されました。

 

RIMG0215.JPG

やっぱドイツに来たらビールでしょ!!  しかし僕はビール苦手なんです。。。

 

けど、これはホント旨かった! 肉の塊をほお張りビールで流し込む。

この年にして初めて覚えました (笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年明けましておめでとうございます。

P1150417.JPG

 

年が明け、寒さも更に増し身の引き締まる思いです。

 

P1150420.JPG

 

工房の作業台。

以前から、欧米の ウッド ワークステーションスタイル に憧れていました。

いつかやろうと思っていたのですが、中々出来ずにいて、

正月休みを利用して工房の改装工事をしてみました。

 

P1150423.JPG

 

使用頻度の高い道具を手の届く所に配置して、

「この作業台を中心にしよう」 と言うことです。

 

P1150445.JPG

 

屋根なんか本当は必要ないのですが、

僕は昔から狭い所、圧迫感が大好きなんです (笑)

部屋の隅っことか、大きな車より小さな車。

飛行機のコックピットの様な包まれ感、押し入れの中なんか最高です (笑)

 

新しくなった作業場で心機一転。

本年も、木工の「傳」、ファクトリーデン をよろしくお願いします。

http://factory-den.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急に寒くなってきましたね。

クリスマスも終わり、一気に年末ムード。

工房も少しずつ大掃除を始めています。

 

僕は、昨年から 静岡椅子研究会 の会員になりました。

会の目的は、静岡は家具の産地で有名ではあるものの、いわゆる 「箱モノ」の家具がメインで、

椅子などの 「脚モノ」家具の製造がきわめて少なく、

県内でも数社、小さな工房がオリジナルで少量製作しているのが現状です。

 

そこで、静岡工業技術センターの御協力のもと、

月に一度、静岡の家具職人、メーカーの方たちが集まり、あらためて椅子作りの基礎を学び、年間を

通じ各個人が一つの椅子を開発して、春の 静岡KAGUメッセ で発表しています。

僕は今年こんな物を出品しました。http://factory-den.com/gallery/den_labo/

 

先週、五反田製作所 代表 宮本茂紀 氏 を迎え、椅子研究会講演会に行って来ました。

 

DSC01130.JPG

 

宮本茂紀さんは、試作品を作るモデラーの第一人者と知られ、僕には雲の上の存在の方です。

 

DSC01131.JPG

 

「椅子の形とその構造」 と言う題目でしたが、

宮本さんの生い立ちから、生き方などとても興味深い内容でした。

椅子作りに関しては、「壊れそうなギリギリ手前の危うい構造が好きだ。」

今回いちばん心に響いた言葉でした。

 

DSC01134.JPG

 

僕が家具職人を志した頃、何気なく購入した一冊の本。

これが今でも僕のバイブルです。

 

DSC01135.JPG

 

今回、持参してサインをお願いしました。

この本を書いた時の体験談、想いなど気さくに話して頂き、素敵な1日でした。

 

そして宝物が1つ増えました。

 

 

 

 

 

 

今日は、先日ブログアップしたタモの下駄箱を納品してきました。

こちらのお客様は以前、ダイニングテーブル、食器棚に続きご注文頂きました。

有難うございます。

下駄箱の仕様は、

天板と框は、タモ無垢材。本来ならば総無垢で製作したい所ですが、

設置場所(外気にさらされやすい)の関係で、本体、引き戸の鏡板は突板、

塗装はウレタン仕上げとしました。

DSC01038.JPG

突板ウレタン仕上げと言えど、無垢材の自然な風合いにしたいので、

オイル調仕上げとしました。

お客様こだわりの、小ぶりな可愛らしい下駄箱。

これから家族と共に歴史を刻んでいくことでしょう。

 

はじめまして。

木工の「傳」 ジンノ と申します。

 

この11月で、開業して6周年を迎えました。

ホームページ開設を機に、新たに、FACTORY DEN を設立しました。

「木工」のくくりを外す事で、新たな可能性、より良いモノ作りの為の研究、

活動を始めました。

 

今後、このブログを通じ、当工房の日常をお伝え出来ればと思います。

DSC01000.JPG

 今日は、ご注文頂いてるタモ材、下駄箱の木地最終仕上げを行いました。

明日から塗装に入りますが、天気が・・・。

 

今後とも宜しくお願いします。