2011年12月アーカイブ

急に寒くなってきましたね。

クリスマスも終わり、一気に年末ムード。

工房も少しずつ大掃除を始めています。

 

僕は、昨年から 静岡椅子研究会 の会員になりました。

会の目的は、静岡は家具の産地で有名ではあるものの、いわゆる 「箱モノ」の家具がメインで、

椅子などの 「脚モノ」家具の製造がきわめて少なく、

県内でも数社、小さな工房がオリジナルで少量製作しているのが現状です。

 

そこで、静岡工業技術センターの御協力のもと、

月に一度、静岡の家具職人、メーカーの方たちが集まり、あらためて椅子作りの基礎を学び、年間を

通じ各個人が一つの椅子を開発して、春の 静岡KAGUメッセ で発表しています。

僕は今年こんな物を出品しました。http://factory-den.com/gallery/den_labo/

 

先週、五反田製作所 代表 宮本茂紀 氏 を迎え、椅子研究会講演会に行って来ました。

 

DSC01130.JPG

 

宮本茂紀さんは、試作品を作るモデラーの第一人者と知られ、僕には雲の上の存在の方です。

 

DSC01131.JPG

 

「椅子の形とその構造」 と言う題目でしたが、

宮本さんの生い立ちから、生き方などとても興味深い内容でした。

椅子作りに関しては、「壊れそうなギリギリ手前の危うい構造が好きだ。」

今回いちばん心に響いた言葉でした。

 

DSC01134.JPG

 

僕が家具職人を志した頃、何気なく購入した一冊の本。

これが今でも僕のバイブルです。

 

DSC01135.JPG

 

今回、持参してサインをお願いしました。

この本を書いた時の体験談、想いなど気さくに話して頂き、素敵な1日でした。

 

そして宝物が1つ増えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

S字手摺.JPGのサムネール画像

 

新築のお客様から、「玄関にS字型の手すりを付けたい」との依頼がありました。

既製品には無いようで、当工房にて製作することになりました。

 

「木の棒を曲げる」

古くから、熱い蒸気で軟らかく煮て曲げる技術はあるのですが、当工房には

そんな大がかりな設備は無く、当方で持てる技術で曲げます。

 

 DSC01057.JPGのサムネール画像

 

今回は、積層曲げ木と言われる方法で行いました。

この様に、薄い板にすれば曲りやすいですよね。

仕上がりは、直径36ミリの丸棒ですので、厚さ2ミリの板を18枚重ねて接着します。

 

 

DSC01055.JPG

 

この様に、凸型と凹型の治具を作り、プレスで締めこんでやろうと言う寸法です。

 

 DSC01059.JPG

 

接着剤を塗り、丸1日プレスで締めこみます。

 

 

 

DSC01071.JPG

 

治具から外し、ホラ! 曲がったよ (笑)

 

 

 

DSC01075.JPG

 

機械である程度丸く加工してから、鉋で滑らかに削っていきます。

 

 

DSC01077.JPG

 

完成 。

 

 

DSC01078.JPG

 

 

この技術を用いて、

最近では、サイドボードの笠木の再生を行いました。http://factory-den.com/repair/

 

過去には、「車のハンドルをウッドに改造して!」 の依頼もありました(笑)

 

互い違いに、色の違う材を積層すれば、シマシマ模様を作れるのも、

積層曲げ木の技術の特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日のおもちゃトラックの製作からうって変わって、

今日は、厨子(卓上仏壇)のモックアップの依頼があり製作しました。

 

DSC01083.JPG

 

製品版はケヤキ材にて製作ですが、今回は形状確認用なので、

加工のしやすいカツラ材を使用します。

 

DSC01066.JPG

 

屋根になる部分は、塊から削り出します。こんな自作の豆鉋を使用します。

 

DSC01069.JPG

 

仏壇などは、他の木工作品と違い、木のぬくもりではなく、

キリッとした緊張感を心がけます。

 

DSC01090.JPG

この様に、バラせるように組み立て式になります。

組手は、緩くも無く固くも無く。少しの力で 「クッ」と締まる様に加工します。

この微妙な感触で作品のクオリティーが決まります。

 

DSC01087.JPG

厨子は、大きな仏壇が置けない都市型の生活圏の方に需要が多いと聞きます。

お位牌や写真など、故人を思う場所。

日本人の心です。

 

 

 

 

 

 

クリスマスシーズンに向けて、

当工房は、木のトラック工場になってます(笑)

DSC01097.JPG

IKA+DENシリーズ、トレートラックhttp://factory-den.com/gallery/ikaden/ を

子供向けの玩具として受注を受けました。

 

DSC01103.JPG本来、トレートラックは、

大人向けの「机上の道具」として考えており、

木部は大井川ヒノキ、車輪はアルミ削り出しなのですが、

幼児の玩具として考えると、乱暴な扱いにも耐えうる堅い材、ナラに。

車輪は、床や家具などに傷を付けないように木製(ウォールナット)に変更しました。

DSC01099.JPG

仕上げ塗装は、人畜無害の植物性オイルで仕上げてあります。

小さなお子様が舐めたりかじったりしても安心です。

やっぱり 「木の車」は可愛いですね。

僕も車が大好きですし、今後、車種のバリエーションを増やして行こうと思います(笑)

今日から師走。急に寒くなりましたね。

今日は、焼津信用金庫大井川支店様のご好意により、

店内にファクトリーデンの作品を展示させて頂く事になりました。

地域の繋がりを考えて、地元の山の木、大井川産ヒノキを使用したクラフト作品、

IKA+DENシリーズhttp://factory-den.com/gallery/ikaden/を並べてみました。

DSC01081.JPG

こんなかたちで、地域と繋がりが持てるのは嬉しいことですね。

「ファクトリーデン」ってどんなお店なの?

少しでも感じて頂けたら嬉しいです。